トップページ > 品質保証の取組

品質保証の取組

 

 

  エアーカーテン

   防虫対策の一環としまして、荷捌場電動シャッター内側にエアーカーテンを敷設しました。

    .jpg

欠点検知システム

ポリエチレンフィルム等インフレーション成膜機のスタート(製造開始時)直後は押出機内の滞留していたポリエチレンが炭化し、フィッシュアイ、ゲル、コゲが発生してフィルムに付着することが有ります。
フィルムから離脱し異物として内容物に混入する可能性は非常に低いと思われますが、特に内容物が白色の場合着色物が目立ちユーザー様は心配されます。
当社のクラフト紙袋の製筒機、ポリエチレンの製袋機共に、直径0.5mm以上の着色異物を検知、除去するシステムを敷設しており、上記の炭化物や静電気により吸着した虫等の流出は高い確率で防止出来ます。

image038.jpgimage039.jpg

_.jpg_.jpg

 

 

引張り試験機

クラフトの外装袋に後工程でポリ袋を装填する仕様のクラフト袋は広く使用されています。クラフトに装填された内装のポリ袋のシール状態は製品を充填される事業所様では確認することが出来ません。
当社ではこのようなクラフト袋の内装ポリは自社でチューブ状の原反から袋の状態に加工し、シール強度を測定し次工程で装填作業を実施します。
当社のクラフト袋は安心して製品を充填・出荷して頂けます。

image041.jpgimage042.jpg

金属検出機

 

紙袋は50~100枚単位でクラフト紙梱包しお客様にお届けしています。
梱包後、金属異物の流出防止の為2台直列の金属検出機を通過させ在庫~出荷となります。
直列に配置された2台の金属検出機は磁気コイルの巻き方向が異なる為、どのような角度で金属異物が混入していても Fe:2.0,Sus:3.0ミリ以上のものは確実に検出します。
当社では設備付帯部品、消耗品など工場内で使用する物は可能な限り金属検出機が検知出来る物を採用する取組を推進しています。

image044.jpgimage046.jpg

 

  クリーンエアー

  ポリエチレンフィルムのブロッキング(口開き不良)を防止する為、製筒工程及びポリ製袋工程では、

  アクアラング用クリーンエアーを注入しています。

    .jpg IMG_2336.JPG

 

 

  

  工場環境改善

 

  1Fフロアを、動線も兼ねて塗装及び、ステンレス製の床板施工をしました。

 

   Before                                               After      IMG_0438.jpg_008.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  落下異物防護ドーム

 

 製筒工程は紙袋製造プロセスにおいて、クラフト、ポリが各層単独で製造ラインを流れる

 唯一の工程です。  

 単独で流れるが故に、ライン上で層間に落下異物等が混入すると、そのまま成型されて

 しまう可能性あります。

 当社では落下異物混入を防止する為、製筒機に “落下異物防護ドーム” を設置し運用して

 います。

 

.JPG

 

 

 

防虫梱包紙

 

 紙袋在庫を歩行虫や飛翔虫等から守る為、当社は防虫加工を施した梱包用紙を使用

 しています。

  “殺虫”ではなく“防虫”効果がある植物由来の加工液をクラフト紙に塗布した加工紙で、

  原材料は食品対応となっておりますので、安心してご使用いただけます。

005.JPG   _010.jpg

ページ上部へ